2012/5/29

金型事業

最新鋭の設備・品質・スピードで
お客様にご満足していただけるあらゆる金型づくりを

当社は創業より40年以上、トヨタ自動車殿をはじめ、トヨタ関連企業のご指導により成長して参りました。
現在はお客様に提案できる企業として金型制作を中心にモノづくり産業に携わっています。
日本のものづくりのグローバルな競争力を支援できる技術的蓄積を目指し活動をしています。
また、お客様との密接な繋がりを大切にしてお客様工場内での改善活動で成果を上げています。
さらに、型づくりだけでなく鋳型造型技術をグループ内で構築して特種中子の供給を開始しました。前田技研の進む方向は環境にやさしい新技術でお客様のパートナーとして継続することです。

平成21年度は国プロである戦略的基盤技術高度化支援事業の採択を受けました。
「カーボンナノチューブ/カーボンナノファイバーを活用した複合材料製成形型の開発」を前田技研が主幹企業となり前田社長をプロジェクトリーダーとし一丸となって研究開発しています。

主な業務

1.開発業務
 委託研究、お客様による研究
2.鋳造用金型・検査治具関係の設計、制作
 40年以上の制作実績
3.お客様のパートナーとしての活動
 お客様と連携で型完成度向上
4.鋳造製品の品質調査
 品質確認のための検査設備を充実
5.無電解メッキ(タフコート)処理
 型の付加価値を追求(NiP、SiC、テフロン・タングステン)
6.工場ラインへのQCD 改善提案
 インファクトリーでの営業活動
7.特殊鋳型の造型
 モータースポーツ中子やHSB鋳型の供給
8.自社製品(商品)の開発、製造、販売
 前田技研を窓口とした自社ブランド展開

ホームへ先頭へ前へ戻る