2012/4/22

オーラルケア商品の研究開発で
研究データの精度を上げる

問題点

歯磨き粉などのオーラルケア商品の研究開発の過程で、研究開発品の効能・効果確認を行う為に、研究者の皆様が実際に研究開発品を使用してデータの収集を行います。
その際に、歯科医で使用する診察台で確認をしますが、エアーが汚れていると適正なデータが取れないので、新規に診察台の設置に合わせて、フィルター設置を検討していました。

原因解明

研究センター様で使用しているエアーは工場エアーを使用しています。コンプレッサー室からの配管長さもあり、配管途中で結露や異物混入等の危害が考えられました。

改善

診察台を2台、新規導入する際に抗菌除菌3in1マルチドライフィルターを歯科医での採用事例からエアー微細不純物粒子の完全除去に目的としてT-105A-1000-AB*2台 設置頂きました。

効果

適正なデータ収集を目的としているので、12ヶ月サイクルで定期的にエレメント交換を行っています。
研究開発段階での製品品質の向上が、製品量産化時の品質向上に繋がるので、継続取組みしています。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る