2014/6/27

みかん缶詰製造工程で細菌類混入
フィルター設置で無菌エアーを供給

問題点

みかん缶詰製造にて、みかんの異物除去行うバブリング工程にコンプレッサーエアーを使用していました。しかしドレーン混じりのエアーが入り込み、カビや菌類の混入があり、製品不具合の発生が懸念されました。

原因解明

他社製品の0.1μ除去タイプのフィルターが設置されてましたが、圧縮空気中に、0.3μ以上の微細不純物粒子が約40万個/ℓ検知されました。

Laser Particle Counter
Laser Particle Counter

改善

危害因子を無くすために、みかんバブリング工程でのエアーブローをする工程に、M-110A-3と、抗菌・3in1マルチドライフィルターT-110A-1000ABを設置しました。

効果

フィルター設置後に、エアー測定行いましたが、0.3μが完全0個になり、無菌エアー供給が可能となりました。
また、圧縮空気の臭いも無くなり、風味を損なわない缶詰めの出来上がり。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411 
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る