2014/09/22

自動車ラインで塗装の不良
予防保全により不良率0%に

問題点

3in1マルチドライフィルター採用前の問題点
大型除湿機を通して、A社3μ・1μ・0.1μ除去フィルターを何連にも装着していたが塗装の不良(ピンホール、ハジキ、塗装ムラ等)が発生し再塗装の手直し不良率約7%あった。

採用後

3in1マルチドライフィルター採用後
源流に大型3in1レマンドライフィルターT-140を2台並列設置し末端への水分・油分・あらゆるミスト等の混入を防止し予防保全を実施、また定期的にエアー品質を測定。

3in1マルチドライフィルターT-140・T-120(0.01μ除去)
3in1マルチドライフィルター
T-140・T-120(0.01μ除去)

効果

末端には3in1レマンドライフィルターT-120を各ロボットに1台設置し、更に弊社のパーティクルカウンターをライン横に常設し1分毎にコンプレッサエアーの品質を自動測定する事により完璧な予防保全を実施されております。これらの予防保全により、T社はコンプレッサーに起因すると思われる不良率を改善前不良率7%→改善後0%達成する事ができました。
弊社の8ステップサービスによりT社の塗装品質が守られている一例です。

8ステップサービス
8ステップサービス

末端ではパーティクルカウンターを常設し、1分毎にエアー品質を測定。0.3μ以上の粒子0の管理を実施。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る