2015/2/23

ナッツ類焙煎工程で圧縮エアーの汚れを検出。
フィルター設置により解消、異物混入も予防

問題点

アーモンドとナッツを焙煎する工程で、釜の中の温度を均一にする為、圧縮エアーを送り対流させている。
品質向上の中で、圧縮エアーの汚れが問題となり、製品に圧縮エアーがふれる箇所の対策を行う。

原因解明

圧縮エアーの汚れの現状把握の為、エアー品質測定実施。

(1)コンプレッサー直後、0.3μm微粒子20万個
(2)末端設備、0.3μm微粒子30万個

配管内の剥離物が原因で、コンプレッサー直後より末端設備の方が汚れが多い。

パーティクルカウンター
パーティクルカウンター

改善

(1)コンプレッサー直後にM-160A-AB設置
(2)末端設備にT-107A-AB設置
又ラインの清掃エアー、選別機にもT-107A-AB設置

フィルター設置
フィルター設置

効果

設置後にエアー品質測定実施。
末端設備、0.3μm微粒子0個

製品ヘ異物混入予防
作業者の意識改善

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る