2015/3/23

ブローエアーの油分、水分を除去。製品不良率を下げ、クレームゼロを目指す

問題点

ユニットバス、ユニット洗面台等の製造工場で、製品完成時、ゴミ、挨等、エアーブローをかけて、製品梱包、出荷という工程であるが、ブローエアーに、油分、水分等が入る時があるため、出荷後客先での検査で不良が生じ、出荷ロッド全部再検査の場合があり、油分、水分のないエアーが必要であった。

原因解明

工場休日の翌日、コンプレッサー立ち上げ時、多くの水分等が、エアー配管から出ていた。そのために機械停止等の対策及び製品不良率を下げる事が必要であった。

改善

製品の不良を避けるため、水滴、油滴の除去と、断続的な圧縮空気の使用も可能で、不良率の低減での、客先からの信頼のアップという観点から、レマンフィルター、M-120A-5と、M-105-4A-3を提案。
M120Aを2台、他末端箇所への設置に向けて提案中

フィルター設置
フィルター設置

効果

現在までのところ、水滴、油滴によるクレームは無く、社員の意識も含め、クレームゼロ(再検査ゼロ)に向けての生産を行っています。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る