2012/4/24

認定企業

愛知ブランド企業とは?

平成14年度に設立された愛知ブランド検討委員会により、愛知県内の製造業者において『優れた理念、トップのリーダーシップのもと業務プロセスの革新を進め、独自の強みを発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している』として認定された企業です。
下記5項目の活動を的確に行っています。
 ①理念、経営トップのリーダーシップ
 ②人の活性化と業務プロセスの効率化、革新
 ③コア・コンピタンス(独自の強み)
 ④顧客との関連性の質、深度を高める顧客価値構築
 ⑤社会、環境への配慮
認定を受けた企業は伝統的な産業から最先端のハイテク産業、あるいは素材、加工、部品から完成品まで幅広い業種形態があり、愛知県のものづくり企業の厚い集積を象徴しています。
各社とも明確なコア・コンピタンスが確立されており、全国的にもトップレベルの企業が多く含まれています。

ロゴマークの意味
●経営・業務・製品にいたるクオリティの高さを象徴
●AichiのAの文字を抽象化し、海を抱える愛知県の地形をイメージ
●コア・コンピタンス(核となる競争力)をもとに、飛躍していく姿を表現

モノづくりブランドNAGOYAとは?

名古屋地域にあって、オン リーワン、ナンバーワンの技術を誇る優れた「モノづくり」の中小企業を、広く国内に紹介するため、2002年から3ヶ年の計画で始められました。
選考の条件
(1)容易に模倣できないコアとなる独自の技術・ビジネスモデル
(2)特定の分野・製品・技術における高いシェア
(3)優れた技能者の存在と、技術・技能分野での高いレベル
名古屋市を中心とした愛知県・岐阜県・三重県に本社を有する中小製造業から、2002年度に75社、翌2003年度には77社の応募があり、 その中から『モノづくりブランドNAGOYA』のイメージリーダーとしての資格を有し、特に下記の条件を満たしている企業が2002年度に12社、2003年度に14社が選ばれました。

ホームへ先頭へ前へ戻る