2019/10/2

マグキャッチフィルターが「2019年度 グッドデザイン賞」を受賞しました


マグキャッチフィルターが、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。
切削や研削、放電等の金属加工を行うと必ず切粉、スラッジなどと呼ばれる鉄粉が発生します。切粉、スラッジは製品不良の原因になります。マグキャッチフィルターは、発生した切粉、スラッジを除去するフィルターで、高い捕集能力に加え作業者に優しい簡単メンテナンスに拘った商品です。弊社の従来マグネットフィルターは鉄粉の捕集性能が高く製品品質の向上が図れるため発売当初は市場には好評を頂きました。一方マグネットに直接吸着した鉄粉の除去回収などのメンテナンス作業性が悪いため、工場現場からは生産への影響や作業者の負担が大変だとの声も多く聞かれるようになりました。それに伴い多くのお客様からメンテナンス性の良い商品の開発要望を頂いてきました。そこでお客様の声にお応えすべく「環境」と「働き方改革」に少しでも寄与できるようフレンドリーデザインの商品開発を進めてきました。
当社では今回の受賞を契機にマグキャッチフィルターの販売拡大を図るとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に努めてまいります。

 

◯ 製品名称:
マグキャッチフィルター


◯ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
 切削液、クーラント液、洗浄液などの工業液中に混入した鉄粉は、機器を傷めたり品質不良の原因となるため、除去する必要があるが、フィルターを通すなどの方法では流路に抵抗が生じ、フィルターの目詰まりなどの問題も生じる。それに対して本製品は、容器の外側に磁石を配置することで鉄粉を捕集し、磁石を外すことで捕集した鉄粉を回収するという、単純な機構と簡単な操作で目的を達成するもので、その発想を高く評価した。
◯ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
  http://www.g-mark.org/award/describe/45419?token=rWJKAFZ61h


◯ グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。
受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

製品に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社前田シェルサービス 営業企画課
TEL:0564-48-2411
E-mail:sales@maedauni.co.jp

ホームへ先頭へ前へ戻る