2012/4/22

圧縮エアーを変えたら、車体塗装不良率が改善した

問題点

現状の塗装不良率を改善していく上で、圧縮エアーの品質に着目して調査依頼をいただく。

原因解明

下塗り、中塗り、上塗りのそれぞれの箇所で、パーティクルカウンターにてエアー品質の調査を行い、不純物粒子が含まれたエアーを使用していることが判明。

改善

塗装ロボット使用エアー、手吹きブース使用エアーにT-105Aを30台設置。

効果

・圧縮エアーの改善によって更なる不良率の低減に繋がった。(圧縮エアーに関しての不良率は0%)
・予防保全の一つとして、定期的な測定を行いエレメント交換の目安を確定する。
・今後、他社のフィルターをマルチドライフィルターに変更していく方針。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る