2015/1/26

オイルミストでエンジン部品工作機のシリンダー故障、フィルター設置で改善と経費削減

問題点

シリンダー故障が頻繁に起こり、金曜日、担当者がシリンダー清掃を行わないと、月曜日作動しなく、シリンダー取り換え費用、人件費が問題となっていました。
当時のチョコ停頻度!(工作機稼動なし)
チョコ停 → 2/回=1時間、機械停止

原因解明

圧縮空気品質を測定してみると、エアーに多量の不純物の混入が確認された。
パーティクルカウンターにてエアー測定0.3μの異物が50万個(他社製機付け)
フィルター通過後計測・新品フィルターに変え、再度測定したが600個計測。以上の点にて、オイルミスト及び異物の固着が原因と思われる。

改善

シリンダー駆動部にてSST-107A-ABの設置と、シリンダー部分改善の実地を行い担当者と打ち合わせ、シリンダー部分の清掃を実施しない事を前提に設置し、交換周期とシリンダーへの影響を図る期間を設け効果測定を行う。

パーティクルカウンター
パーティクルカウンター

効果

期間中、ノーメンテナンスにて、シリンダー部分故障、オイルミスト固着もなく、作動を行っていました。
2010年11月までにエレメント交換2回
工作機シリンダー交換費用
40万円/月=2年間:1200万円使用

2年間で約1200万円の経費削減が行われた。
また、交換における人件費、時間ロスは今後突き詰めて、算出を行っていく。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る