2015/2/23

容器洗浄時の危害因子を取り除きクリーンエアー確保へ

問題点

容器洗浄後にミネラルウォーター(天然水)を充填しますが、充填後のボトリング工程でミネラルウォーターに異物が浮いているのが発見されました。
原因としては、容器洗浄時の洗浄用エアーにコンプレッサーエアーを使用しているので、微細不純物粒子等の異物混入が原因として考えられました。

エアーの汚れ
エアーの汚れ

原因解明

オイルフリー式コンプレッサーを使用しており、エアードライヤー、高性能フィルター等を各エアーラインに設置していましたが、配管の全長が長く、また、工場棟内を温・湿度調整している事から、圧縮空気が工場棟内で冷やされたことが原因で、ブローエアーから水滴等が発生していました。

細不純物粒子と水滴が確認された
細不純物粒子と水滴が確認された

改善

HACCP・IS0 22000による品質管理基準に基づき、抗菌・除菌3in1マルチドライフィルターT-120A-1000-AB 2台を危害因子を取り除く目的で、直接製品にブローするエアーの改善提案を致しました。採用にあたり
(1)フィルター通過後の二次側エアーの微細不純物粒子ゼロへの取組みを実施。水滴発生による異物混入水滴完全除去することにより撲滅する。
(2)更に、抗菌・除菌フィルターの効果により、除菌したカビ・細菌の二次側への流出防止も同時に行う。

対策万全
対策万全

効果

既存のフィルターに抗菌・除菌3in1マルチドライフィルターを増設した事で、充填後に異物が製品に浮遊するという異物混入不具合は解消しました。
直接製品にブローするエアー等、重要エアー管理箇所へのエアー改善を行う事で、生産性・品質向上につながる点もご認識頂けました。
定期的なフィルターエレメントの交換も行いながら、超クリーンエアーが確保の取組み活動中です。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る