2015/4/27

自動車樹脂部品の塗装品質向上、不良率を改善

問題点

自動車のグリル、マーク、モールなどの樹脂部品を主に製造。
塗装品質は、自動車ボディーと同等の最高品質が求められるが、約35%の製品不良が発生する。

原因解明

日・米特許取得技術の圧縮空気測定技術による検証を実施。
大手エアー機器メーカーS社製エアーフィルター(公証0.01ミクロン除去)が設置してありましたが、0.3ミクロン粒子の流出を確認。(各所40万個/1ℓ)
コンプレッサーエアー中に油煙が混入

パーティクルカウンター
パーティクルカウンター

改善

製造ラインに3in1マルチドライフィルターT-105A-1000 40台を設置。
水滴・泊滴・微細粒子・オイルミスト等あらゆる不純物の除去を行う。

効果

工場末端のエアー取り出し口40カ所全てにおいて不純物、オイルミスト完全除去に成功。
塗装品質の向上により、当初約35%だった不良率が10%以下にまで改善した

※品質不良35%の中には圧縮空気品質以外の原因もあり、エアーシャワー、作業区域等の製造環境、防塵作業着の改善もご提案し、改善取り組み中。

設置商品

関連情報が表示されます。

お問い合わせ

〒444-3595
愛知県岡崎市池金町字金山76-4
TEL:0564-48-2411
FAX:0564-48-6252

ホームへ先頭へ前へ戻る